メンズ

身内が黒幕なことが多い|盗撮発見で不安から解消されよう

物騒だと思ったら調査を

虫眼鏡を持つ人

パッと見ただけでは盗聴器だとわからないことが多いので、念のために盗聴器調査をしておく人はたくさんいます。すでに、妙なことが起こっている人は盗聴器が仕掛けられている恐れもありますので、念のために調査をして、不安を解消したほうが良いでしょう。

被害に遭う前に

カメラ

個人情報を守る

盗撮による被害は意外に多く、気づかないうちに盗撮被害を受けていることもありえます。盗撮発見の目的は、個人情報を守ることです。盗撮では、個人のプライバシーが侵害されます。盗撮される場面も様々で、自宅でくつろいでいる様子を盗撮されることもありますし、トイレやお風呂といった場面を盗撮されることもあります。具体的にものがとられたり傷を負わされたりするわけではありませんが、精神的には大きなダメージを受けることになります。一度盗撮被害にあうと、それ以降も常に見られているような不安が生じ、場合によってはうつ病などの精神病になってしまうこともあります。そうした不安を取り除くためにも、盗撮の疑いがあれば盗撮発見をしておくべきなのです。

スマホで探せる

盗撮発見というと、専門業者に依頼しないといけないと思うかもしれません。確かに専門業者は高い専門性と知識があるため、素人が探すよりも確実に探し出してくれます。しかし、素人でも盗撮発見は可能です。スマホやカメラ付きの携帯があれば、赤外線タイプの盗撮機器を発見することができます。盗撮機器には必ずレンズがあり、レンズが隠れては撮影できません。そのため、まずはレンズの用に見えるものを探すだけでも見つかることがあります。多いのは、ぬいぐるみの中や電子機器の中、置物の中などです。赤外線タイプのカメラは、スマホやカメラ付き携帯のカメラを起動させて周囲を観察すると見つけられます。赤外線が発生しているとカメラに写るためです。こうした作業でも見つからないときは、一度専門家に依頼するとよいでしょう。

すぐに場所が分かります

男性

gps発信機は使い方によっては、自分の財産を守るなど色々な使い方が出来ますが、盗難などの事件などの場合は警察などに相談する事が大切です。gps発信機は種類も多く価格も幅広いので用途や予算に合わせて選べますし、レンタルもされていますので借りて使う事も可能です。

盗聴による企業側の被害

虫眼鏡

企業に盗聴器を仕掛けるには2つの目的があります。1つはトイレや更衣室にしかける猥褻目的です。もう1つは企業の情報を盗み出す産業スパイです。どちらの場合も企業イメージが損なわれる危険があります。定期的に盗聴調査を専門業者に依頼することが必要です。その際、具体的な調査方法について知ることが大事です。