ウーマン

身内が黒幕なことが多い|盗撮発見で不安から解消されよう

盗聴による企業側の被害

虫眼鏡

企業イメージが悪化の恐れ

企業にとって最重要課題は危機管理です。大事なデータや情報の漏洩を防ぎ、企業イメージを守るための対策が必要です。危機管理の中身には色々ありますが、最近注目されているのが盗聴調査です。企業には様々な人が出入りしますが、その時に盗聴器を仕掛ける事例が増えています。犯人が盗聴器を仕掛けるのは2つの狙いがあります。1つはトイレやシャワー室や更衣室に仕掛けることによる猥褻目的です。もう1つは産業スパイのように重要なデータや情報を盗み出す目的です。これらの被害によって企業イメージが悪くなります。このような被害を防止するためには定期的に盗聴調査を行うのが有効です。盗聴調査が専門の業者に依頼すればすでに仕掛けられている盗聴器を発見し、また未然に防止してくれます。

調査方法が充実の調査会社

盗聴調査が専門の業者は様々な方法で調査を行います。有線式の盗聴器は目視によって発見します。また最近の盗聴器は超小型の物があるので電話の中にも仕掛けることができるため、電話回線も調査します。また周波数などをチェックして調査をします。このように発見のための技術が充実している専門業者に依頼することが大事です。このように徹底した盗聴調査を行わないと安心できないからです。例えば調査技術が劣る業者に依頼すると、盗聴器が仕掛けられているのに発見できない場合があります。にもかかわらず異常なしの報告をするので、結局盗聴は続けられることになってしまいます。盗聴調査を依頼する場合は事前に複数社に見積もりを出してもらって、調査の方法について確認する必要があります。